家の模型

一条工務店が支持されている理由を徹底解剖

安全性が優先

男性

予算に応じた選択が可能

大地震は住宅に多大な被害を与えます。家族の安全を確保する為にも建物についての関心が高まっています。住み替えを考えている人の多くは耐震性についての基本的な知識を蓄えておく事が必要です。昭和56年以前に建てられた中古物件は旧建築基準法で建てられています。購入を検討している人は耐震工事や補強工事等がなされているかを確認しておく事が必要です。地震に強い家は最新の耐震技術を利用して建てられています。柱や梁を増やしたり、補強の為の金具を取り付けられているのが耐震構造を持つ家です。完全に倒壊するリスクは避けられます。そして制震構造では壁の中にダンパーを入れてエネルギーを吸収します。更に床下に積層ゴムやローラーを入れて揺れそのものを小さくしてしまうのが免震構造です。免震構造は大きな建物に多い構造でしたが、最近は一般住宅にも多く採用されています。地震に強い家を希望する場合は注文住宅を選択するのが適しています。工務店やハウスメーカーでは独自に地震に強い家づくりを研究しています。構造説明会等を頻繁に実施しているので、積極的に参加すする事が必要です。格安な新築の建売住宅でも地震に強い家を見つける事ができます。耐震性を売りにしている業者を中心に多くの物件を見学していく内に信頼できる業者を見つける事ができます。地震に強い家について詳しく、親身に相談に応じてくれる業者を探すには口コミサイトを利用するのが便利です。評判の良い業者を早く探す事ができます。